旅行やお出かけの覚え書きです。適当な日記など。気がむいた時にゆっくりアップしています。


by mansikka418
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

京都旅行2010.4.26  その4 霊山護國神社-清水三年坂美術館

朝5時起きで、北野天神の骨董市へ。
ものすごく寒い・・・!あまりの寒さに写真も撮れず。
着物を見るので精一杯で、お皿などは時間切れで買えませんでした・・・。
朝ごはんの時間までに宿に戻らないと、というリミットがあったのが残念だった。時間を気にせずにもっといたかったな~。
端切れやちょっと難のある帯などを買ったので、仕立て直ししてもらおう。

朝ごはんを食べて(15分くらい遅刻したため旦那さんはちょっと機嫌が悪かった。いいじゃん別に・・・!と悪態つきつつモリモリ食べる)、タクシーで清水寺へ。
旦那さんも今日はフリーなので、一緒に観光です。昨日の学会で必死に勉強したらしく、日曜日の分は出なくても良いのだとか。
9時くらいについて、まだ早かったのでイノダコーヒーへ。

d0156510_9492720.jpg


d0156510_9495053.jpg


大きな窓からは日本庭園が見えます。
天気が良かったためすごく気持ちがいい!
今度は朝ごはんも食べてみたい。

そのあとゆっくり歩きつつ、霊山護國神社へ。
d0156510_9513899.jpg


龍馬の肖像画が・・・!予想していたことだけど、やっぱり大河のおかげで龍馬一色です。
d0156510_9531362.jpg


d0156510_9532797.jpg


明治以降の戦死者の方たちの御霊も祀られています。

d0156510_9562653.jpg


d0156510_957713.jpg


龍馬ほか、久坂玄瑞や桂小五郎などのお墓があるところからは京都の町が一望できます。
たいていの人は龍馬のお墓参りをして、写真を撮って帰ってしまっていたけど、上の方にもたくさんの志士達のお墓があります。

そのあとで清水三年坂美術館へ。
三年坂の喧噪と別世界の美術館です。日本の、幕末から明治期の漆器、金工、七宝などの工芸品の常設展と、今は万国博覧会再現美術展を開催中でした。
いやもう・・・これは、一体、なんなんだ・・・!?と驚愕するしかない超絶技巧の数々に腰が抜けそうに・・・!
今では再現不可能な技術によってつくられた工芸品、七宝に至ってはどうやって造ったのかさえ分からないという精密さ、しかも大きい・・・!
万国博覧会に出品されたものの多くは、しかも無銘のものなのです。名もなき職人がこれほどのものを造っていたなんて本当に信じられない。多くの西洋人を魅了して、今ではほとんど海外へ流出してしまっていることを我々現代の日本人は知らずにいるなんて恐ろしくもったいない話です。

こうやって見られるだけでもありがたい。清水寺、三年坂近くにいったら、ぜひぜひ!行ってみてください。
[PR]
by mansikka418 | 2010-04-27 10:09 | 京都